MENU

育毛剤おすすめ

育毛剤おすすめに関して。
一重に育毛剤と言っても様々な種類があり、それぞれ効果・使い方・配合成分などが異なる為、何を選んだら良いか迷ってしまいますよね。そんな育毛剤選びに悩みを抱えているあなたをサポートし、あなたに合った育毛剤をおすすめして行きたいと思います。
まずここではっきりと言っておきたいのは、育毛剤の効果はあくまで、今生えている、若しくは、これから生えてくる髪の毛に対して効果が発揮されるものであり、全く毛が生えていない所から急に生えてくるものではない、という事を理解しなければいけません。抜け毛・薄毛が気になったら早めに対処するようにしましょう。
育毛剤選びで大事な事は、自分の症状にあった育毛剤を選ぶことです。その為には、しっかりと今の自分の症状を把握しなければいけません。きちんと把握しないまま育毛剤を使用しても、当然満足のいく効果を得ることは出来きないでしょう。
薄毛にも様々なタイプがあり、

 

1.M型薄毛
2.O型薄毛
3.乾燥型薄毛
4.オイリー型薄毛

 

と大きく4つに分かれます。あなたはどのタイプに当てはまるのかをまず考えていきましょう。それぞれのタイプで対処方法や原因が異なりますので、それに応じた育毛剤をおすすめします。
薄毛のタイプと同様に、育毛剤も様々なタイプがあります。

 

1.血行促進タイプ
2.栄養補給タイプ(細胞活性化タイプ)
3.皮脂抑制タイプ
4.ホルモンバランス調整タイプ
5.保湿タイプ

 

結論を先に言いますと、M型薄毛は「ホルモンバランス調整タイプ」、O型薄毛は「血行促進タイプ」、乾燥型薄毛は「栄養補給タイプ」や「保湿タイプ」、オイリー型薄毛は「皮脂抑制タイプ」の育毛剤をおすすめ致します。
このように薄毛のタイプで選ぶ育毛剤が違うため、間違った育毛剤を選んでしまうとかえって逆効果になってしまう場合もあります。
まずは上記を参考にして、自分の症状をよく理解することが育毛への第一歩です。言うまでもなく、1日でも対処は早い方が好ましいので、あなたに合った育毛剤を探してくださいね。

 

育毛剤おすすめ2

薄毛にも幾つかのパターンがあるように、育毛剤にも様々な種類があります。むやみに育毛剤を使用しても、自分の症状に合った育毛剤を使用しなければ何の意味なく、結果、満足のいく効果も得られず、ただの無駄使いになってしまいます。当然、効果が得られないので育毛剤を使うのを止めてしまい、気が付いた時には既に…。なんてならないようにしたいですよね。育毛剤は、自分に合ったものを日々コツコツと継続してはじめて効果が得られるものなのです。
育毛剤は大きく分けて以下の5つのタイプが有ります。

 

1.血行促進タイプ
2.栄養補給タイプ(細胞活性化タイプ)
3.皮脂抑制タイプ
4.ホルモンバランス調整タイプ
5.保湿タイプ

 

血行促進タイプ
育毛は頭皮が健康であることが大前提です。健康な頭皮は血液中から運ばれる栄養素によって作られます。しかし、ストレスや運動不足、偏食生活、不規則な生活、喫煙などの影響で血行不良がおこると、健康な頭皮環境を維持するのに十分な栄養が頭皮に運ばれなくなり、頭皮環境は悪化してしまいます。その結果、毛根の働きが弱体化し、抜け毛や薄毛の原因になるのです。血行促進タイプの育毛剤は、頭皮を柔らかくし、毛細血管を拡張し血液の流れを向上することによって、頭皮に栄養が行き渡りやすくなる効果が期待できる育毛剤です。血行を促進させる有効成分の代表格が、「ミノキシジル」です。なので育毛剤は皆さんも知っている「リアップ」をおすすめします。ただ、ミノキシジルの副作用が気になる方は副作用がほとんどない、「ポリピュアEX」をおすすめします。
血行促進タイプの育毛剤をおすすめする薄毛のタイプは、「O型薄毛」の方です。O型薄毛はAGA(男性型脱毛症)の一種に分類され、M型薄毛と並び、AGAの他の代表的な薄毛のタイプです。O型薄毛の原因は、毛根に十分な栄養が行き渡らず、髪の毛が育成されない状態で抜け落ちてしまう、毛根の栄養失調が原因と言われています。栄養が行き届かない原因として、生活習慣の悪化やストレス、喫煙、偏食などによる血流悪化が主な原因です。逆に言えば、そのような部分を改善すれば、治すことができる可能性が比較的高く、一般的には、M字薄毛よりは改善しやすいと言われています。
次回は栄養補給タイプの育毛剤についてお話しします。

 

参考サイトはコチラ
育毛剤 新常識

育毛剤おすすめ3

栄養補給タイプ(細胞活性化タイプ)
髪が生えてくる元となる「毛母細胞」に栄養を与えることで育毛効果を促すタイプの育毛剤です。栄養を頭皮に補給することで毛母細胞が活性化され、太くて強い健康な髪の毛が作られます。髪に対して必要な栄養素が届けられるのは、髪が生える時と言われているので、しっかりとした髪の毛に栄養補給のためにとか、もっと太い毛にしたいからとこのような栄養補給タイプの育毛剤を使っても何の意味もありません。うぶ毛にの塗布する事が最も効果的です。うぶ毛の時期から髪に栄養を与えると、成長した時に太く強い髪の毛になるのです。ただし、いくら栄養補給タイプの育毛剤を使っていたとしても、不規則な生活をしていると満足のいく効果は得られませんので、規則正しい生活を心がけて下さいね。
栄養補給タイプの育毛剤をおすすめする薄毛のタイプは、乾燥型薄毛の方です。乾燥型薄毛の特徴はフケが多く出ます。このタイプの薄毛は女性に多く見られ、頭皮の油分が極端に少なく、常に乾燥している状態です。
原因として考えられるのがビタミンAの不足です。対策としては、まず、夜のシャンプーに加えて朝シャンをしている人は、「洗い過ぎ」による皮脂の取り過ぎが原因になっている場合があります。シャンプーは低刺激のものを選び、洗髪は1日1回を目安にすると良いでしょう。過度のドライヤー使用も控える事をお勧めします。ドライヤーで乾燥させるよりも自然乾燥させた方が良いかもしれません。ドライヤー熱は洗髪時の水分を乾かすだけではなく、頭皮を乾燥させてしまうためです。
このように、乾燥型薄毛はちょっとした簡単なケアが頭皮改善に繋がりますので、直ぐに実践してみましょう!
栄養補給タイプの育毛剤でおすすめする事は、他のタイプの育毛剤と併用して使うのをおすすめします。そうする事で、単独で使用するよりもより高い効果が得られると思います。
次回は、「皮脂抑制タイプの育毛剤」についてお話しします。

 

栄養補給タイプ(細胞活性化タイプ)
髪が生えてくる元となる「毛母細胞」に栄養を与えることで育毛効果を促すタイプの育毛剤です。栄養を頭皮に補給することで毛母細胞が活性化され、太くて強い健康な髪の毛が作られます。髪に対して必要な栄養素が届けられるのは、髪が生える時と言われているので、しっかりとした髪の毛に栄養補給のためにとか、もっと太い毛にしたいからとこのような栄養補給タイプの育毛剤を使っても何の意味もありません。うぶ毛にの塗布する事が最も効果的です。うぶ毛の時期から髪に栄養を与えると、成長した時に太く強い髪の毛になるのです。ただし、いくら栄養補給タイプの育毛剤を使っていたとしても、不規則な生活をしていると満足のいく効果は得られませんので、規則正しい生活を心がけて下さいね。
栄養補給タイプの育毛剤をおすすめする薄毛のタイプは、乾燥型薄毛の方です。乾燥型薄毛の特徴はフケが多く出ます。このタイプの薄毛は女性に多く見られ、頭皮の油分が極端に少なく、常に乾燥している状態です。
原因として考えられるのがビタミンAの不足です。対策としては、まず、夜のシャンプーに加えて朝シャンをしている人は、「洗い過ぎ」による皮脂の取り過ぎが原因になっている場合があります。シャンプーは低刺激のものを選び、洗髪は1日1回を目安にすると良いでしょう。過度のドライヤー使用も控える事をお勧めします。ドライヤーで乾燥させるよりも自然乾燥させた方が良いかもしれません。ドライヤー熱は洗髪時の水分を乾かすだけではなく、頭皮を乾燥させてしまうためです。
このように、乾燥型薄毛はちょっとした簡単なケアが頭皮改善に繋がりますので、直ぐに実践してみましょう!
栄養補給タイプの育毛剤でおすすめする事は、他のタイプの育毛剤と併用して使うのをおすすめします。そうする事で、単独で使用するよりもより高い効果が得られると思います。
次回は、「皮脂抑制タイプの育毛剤」についてお話しします。

 

ホルモンバランス?調整タイプ
薄毛の大半を占めると言われる男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが関係していると考えられています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)という発毛抑制物質を生成します。ジヒドロテストステロン(DHT)は皮脂の分泌を活発にさせ、毛母細胞の働きを弱めます。それによって、ヘアサイクルは狂い、脱毛を進行させてしまうのです。ホルモンバランス調整タイプの育毛剤は、αリダクターゼの働きを抑制することでこのジヒドロテストステロン(DHT)を生成を抑制する効果が期待出来る育毛剤です。ホルモンバランス調整タイプの育毛剤の代表格にプロペシアがあります。プロペシアは厚生省の認可を受けた飲む育毛剤で、5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)を生産できないようにする医薬品です。元来、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていた医薬品で、別名、「フィナステリド」と呼ばれています。
しかし、プロペシアは医薬品なので、医師に処方してもらう必要があり、また治療費は保険の対象外のため、かなり高額です。
また、プロペシアを服用できるのは成人男性のみです。
しかし現在では研究が進み、天然の成分を使ってホルモンバランスを調整する育毛剤が沢山あります。その主な成分として、まず「ノコギリヤシ」が挙げられます。ノコギリヤシに含まれているオクタサノールやステロールは、5αリダクターゼを抑制する働きがあります。「オウゴンエキス」や「冬虫夏草エキス」も同様です。なので、コストと手間はかかるが、高い育毛効果を期待するならプロペシア、副作用などが心配な方は、効果は多少緩やかではあるが、天然成分を使ったホルモンバランスを調整するタイプの育毛剤をおすすめします。
このようなホルモンバランス調整タイプの育毛剤をおすすめしたい薄毛タイプは、「M型薄毛」の方です。額の両端がソリコミのように薄くなってくるのが特徴です。このような症状に心当たりがある方は、ホルモンバランス調整タイプの育毛剤をおすすめします!