MENU

育毛剤をおすすめするにあたってまず大事

育毛剤をおすすめするにあたってまず大事なことは、自分がどの薄毛タイプなのかをきちんと理解する事です。そして、薄毛解消の為には、種類によって異なる原因を把握し、それに応じた育毛剤を選ばなくてはいけません。薄毛にも様々なタイプがあり、以下の大きく分けて4種類に分類されます。

 

1.M型薄毛
2.O型薄毛
3.乾燥型薄毛
4.オイリー型薄毛

 

M型薄毛
両端がソリコミのように薄くなってくるのが特徴で、原因は主に「遺伝」と言われています。なので、改善が困難だと言われているタイプの薄毛です。しかし、あくまで普通の人よりも「薄毛になりやすい」のであって、「100%薄毛になる」というものではありません。この「薄毛になりやすい」原因は「男性ホルモン(テストステロン)」が関係してきます。テストステロンは男性性器の発育促進、骨格や筋肉の成長促進、性欲の亢進などの役割があり、体にとってとても重要な働きをしています。なので、テストステロン自体が直接薄毛の原因ではないのです。毛乳頭などに潜んでいる、5αリダクターゼという因子が、このテストステロンと結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化し、発毛を阻害すると言われているのです。
なのでM型薄毛タイプの方には、ホルモンバランス調整タイプの育毛剤をおすすめします。このタイプの育毛剤は、5αリダクターゼの働きを抑制することでジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。このタイプの育毛剤で代表的なもので「プロペシア」があります。プロペシアは厚生省の認可を受けている飲む育毛剤で、フィナステリドという有効成分が5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロン(DHT)が生成できないようにする医薬品です。高い効果が得られますが、その反面、医薬品なので副作用が伴います。副作用が気になる方には、天然由来生成でホルモンバランスを調整する育毛剤をおすすめします。その中でも1番におすすめしたい育毛剤は「薬用プランテル」です。薬用プランテルはM型薄毛専用の育毛剤で、テストステロンの結合を阻害するヒオウギエキスが配合されています。天然由来成分なので副作用の心配も要りません。M型薄毛で悩んでいる方は是非、試してください。